トップページ > ニキビをつくらないために

ニキビをつくらないために


朝起きたらおでこにひとつ、頬にひとつ、ポツポツと出てきたニキビ。

その日が、普段と違った何か特別な日だということもあります。

うっかりいじって悪化させると跡になって残ってしまうこともあります。

とにかく出ないに越したことはありませんよね。

 

きれいなお肌を手に入れるためにも、これ以上は増やさないためにも、

発生を予防するために必要なことをチェックしていきましょう。

 

☆ まずは規則正しい生活を

昔から言われていますが、睡眠不足はお肌の大敵です。

実際に睡眠時間が足りていないと、

体もお肌も疲れてきてしまいますよね。

 

というのも、夜の22時から翌2時までの時間に成長ホルモンが分泌され、

新しい細胞が作られるのです。いわゆる「お肌のゴールデンタイム」ですね。

その時間にしっかり睡眠をとることで、皮膚にも新しい細胞が生み出されます。

 

逆にしっかり睡眠がとれないと、新しい細胞が生み出されず、

自然に行われるはずの細胞の生まれ変わりが滞ってしまいます。

 

そうすると肌そのものが老化してしまい、毛穴が開く、

古い角質が詰まるなど、にきびができやすい環境になってしまうのです。

 

睡眠不足は体全体に疲労も呼び起こします。

体調が崩れることで、体への栄養補充がうまくいかず、それが原因になってしまうことも。

しっかりと睡眠をとって、十分に体を回復させることがとても重要なのです。

 

☆ 食事内容を見直す

s-horumonyaki私たちの体をつくっているのは食事です。

食べた物が栄養となり、体のすみずみまで行き渡ります。

健康な体をつくることが、にきび予防にもつながるのです。

暴飲暴食はもちろん、脂っぽい食べ物や糖分の多いもの、

動物性食品の摂りすぎには注意が必要です。

 

それらは皮脂の分泌を促してしまい、

過剰に分泌されると毛穴をつまらせてしまいます。

それこそがニキビの第一歩!なのです。

 

s-juceまた冷たいものやカフェインをたくさん含んだ物など、

体を冷やす食べ物にも気をつけましょう。

体が冷えてしまうと血液の循環が悪くなり、お肌にも悪影響をおよぼします。

野菜不足を感じている人は、意識して摂ることも大切です。

 

☆ 洗顔方法に自信はある?

多くの人が間違えがちなのが、洗顔の方法。

ついつい、手でゴシゴシしていませんか?洗浄力の強いものを使っていませんか?

皮膚は手でこすってしまうことで刺激となり、ダメージを与えてしまいます。

また、洗浄力の強いものを使うと、必要以上にお肌の皮脂を洗い流してしまい、

お肌を乾燥させてしまうことに。

 

乾燥すると、お肌を保護しようとたくさんの皮脂が分泌され、毛穴のつまりを引き起こします。

そうすると、ニキビができやすくなってしまうのです。

洗顔はマイルドな洗顔料をしっかり泡だて、手で洗うというより泡で洗うことを意識しましょう。

そしてしっかりすすぐことも大事です。

 

☆ 保湿が大事

お肌を保護するために、保湿はとても大切です。

そのためには水分の浸透力の高い化粧水を使いましょう。

肌の表面がべたつくタイプの化粧品を使っていると、

毛穴をふさいでしまい、にきびの原因になりかねません。

 

ニキビを予防するためにいちばん効果的なのは、

規則正しい生活で体をいたわること。そしてやさしくお肌をお手入れすること。

シンプルな方法ですが、それらを継続していくことが大切なのです。

PAGETOP