トップページ > こんなお手入れは要注意! > ニキビ跡のデコボコを消したい!

ニキビ跡のデコボコを消したい!


にきび痕で、かなり手ごわいのがクレーター状になってしまったタイプです。

念のため解説すると、クレーターとは、月面のクレーターのように

ボコボコになってしまった”にきび痕”のことです。

ニキビの炎症が皮膚深くまで進んでしまうと、治ったあとに収縮して陥没が起こります。

 

そうすると、ボコッとくぼんだ状態になってしまい、正常にターンオーバーがされなくなってしまうのです。

クレーターにならないためには、まず”にきび”を作らないことが大切です。

 

そのためには、早寝早起きなどの規則正しい生活、食べ過ぎ・飲み過ぎをしない、

野菜中心の消化のいい食事をとる、皮膚を清潔に保ち、乾燥に注意する、

ストレスをためない、などを心がけましょう。

 

しかし、頑張っていてもできてしまうのがニキビ。

出来てしまったら、まずはいじらずに様子を見ます。

普段から使いなれている”にきび薬”があれば、それを使用するのもいいでしょう。

そうでない場合、下手に手を加えると、余計な炎症を起こすなど

悪化させることがあるので注意が必要です。

 

そして、洗顔などのお手入れも、そっと。手でこすったり、いじったりは禁物です。

化粧水なども、コットンでやさしくのせましょう。

 

それでも悪化するようなら、早めに病院を受診したほうがいいでしょう。

特に、深くまで膿んでいるようなタイプになると、

治ったあとに陥没してしまう危険があります。

そうなる前に、専門家に相談しておくと安心です。

 

ただ、これだけ気を配っても、残念ながらクレーター状に痕が残ってしまうこともあります。

できてしまったクレーターは、残念ながら完全に元に戻すのは難しいようです。

でも、できることなら、少しでも元に戻したいですよね。

そのためのケアは、どんなことをしたらいいでしょうか。

 

☆ 保湿

まずは自分でできるケアから。”にきび”がなかったとしても、予防として保湿はとても大切です。

クレーターに対しては、保湿することで肌をふっくらと保ち、キメの整った、

はりのある肌を目指すことで、それ以上の陥没にならないようにします。

 

☆ 専用の化粧品を使う

表皮の下にある真皮という部分が傷ついてくぼんでしまったのが、

クレーター状の”にきび痕”ですが、真皮層で作られる、コラーゲン、

エラスチンを増やすことで、肌にハリをだし、くぼみを目立たなくすることが可能です。

 

それらの生成を促進するのがビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分。

特に、ビタミンC誘導体は配合されている化粧品も多いようです。

気になる方は試してみるのもいいでしょう。

 

☆ 専門家に相談する

クレーター状の”にきび痕”を元に戻すには、なかなか根気が要ります。

完全な回復は難しいとも言われているので、はっきりとした改善を求めるのなら、

専門の治療を受けるといいかもしれません。

ピーリングのほか、レーザー治療、フォトフェイシャル、

フラクショナルレーザーなど、さまざまな治療法があります。

自分ひとりでは改善が難しいと感じたときは、気軽に病院を受診してみましょう。

 

footer0

 

PAGETOP